meet41 agenda

第 41 回インターネット技術第 163 委員会研究会 (ITRC meet41) の開催概要です。

日程

  • 2017 年 5 月 18 日 (木) ~ 5 月 19 日 (金)

会場

  • 筑波大学 東京キャンパス 文京校舎 134講義室 (1階) (交通アクセス)

主催

テーマ

  • インターネット全般

参加費

研究会の参加費は無料となっております。今回は宿泊の予約等は行いませんので、必要な方はご自身で手配下さいますようお願いいたします。

参加申込み

こちらのフォームから参加申込を受け付けております。交流会参加をご希望の方は、5/10(水)までに申込をお願いいたします。

デモ展示

デモ展示をご希望の方は、meet41 デモ展示要項を参照し、下記問い合わせ先にご連絡ください。デモ展示費用は以下のとおりです。

  • 会員企業: 無料
  • 非会員企業: 30,000円 (ただし 1 名まで交流会参加無料)

出展枠には数に制限があります。申込多数の場合には会員企業を優先します。

プログラム

5月18日 (木)

9:20 〜 9:30 オープニング
9:30 〜 11:00 セッション1: CIS分科会

分科会の紹介 (5 分)

題目: NW-DIY で実現したい社会 (予定)
講演者: 加嶋 啓章 (富士通)
概要:
現代社会はさまざまな IP ネットワーク技術 (IP, PPP, VPN, MPLS…) で 成り立っています。しかしそれらの技術を改造したり新規提案する試みは 多くありません。多くのひとがWebなどで多彩なサービスを作っているように 多くのひとが IP ネットワーク技術を作ることを可能にするための基盤として NW-DIY を開発したので、その目的を共有するとともに、技術開発を活性化 させる方法について議論したいと思います。

他、未定

11:00 〜 12:30 昼食 / デモ展示準備 / ITRC運営委員会
12:30 〜 14:00 セッション2: UAT/MINX分科会

分科会の紹介 (5 分)

題目: (未定)
講演者: 釜江常好
概要: (未定)

題目: (未定)
講演者: 水島洋
概要: (未定)

題目: (未定)
講演者: 辰巳治之
概要: (未定)

他、未定

14:00 〜 14:30 デモ展示紹介セッション

  • アラクサラネットワークス株式会社
  • FESTIVAL Project
  • 株式会社シー・オー・コンヴ
  • 情報通信研究機構 (NICT)
  • 京都大学
14:30 〜 15:00 休憩 / デモ展示
15:00 〜 16:15 セッション3: RICC分科会

分科会の紹介 (5 分)

題目: 現実的なインタークラウド実現のためのコンテンツマイグレーションの研究開発
講演者: 柏崎礼生 (大阪大学)
概要:
仮想計算機のマイグレーションはインタークラウドを実現するための技術として全く実際的ではなかった。仮想計算機の利用者は必ずしも計算機全体を欲しているわけではなくデータとそれを利活用するアプリケーションがもたらすサービスが実現されていれば満足する場合があるからである。本発表ではサービスをデータとアプリケーション、およびその設定に分類し、異なるプラットフォームでサービスを稼働させるのに必要なコストを定量的に算出するプラットフォームの提案と、その展望について述べる。

題目: 分散ストレージの現在
講演者: 菅野 貴志 (レッドハット株式会社)
概要:
現在、分散ストレージ技術が従来の典型的な利用シーンを超えて広く採用されつつあります。それに伴い、分散ストレージの中核を担うソフトウェア型のツール、製品も増えてきました。そうした分散ストレージ・ソフトウェア群は、データを使用する側のアプリケーションやプラットフォームとも協調して動作する必要があるため、それらの技術動向からも大きな影響を受けながら発展しています。本セッションでは、そうしたツール群を概観・分類し、それぞれの最適な適用シナリオを考察します。

題目:モジュール型エッジコンピューティングプラットフォームの研究開発(仮)
講演者:近堂 徹(広島大学)
概要:
データに対する個々の処理をモジュール化して,広域ネットワーク上に協調しながら配置できるモジュラー型エッジコンピューティングプラットフォームの開発を行う。本発表では開発中のプラットフォーム概要およびモジュール内容について説明し,想定するアプリケーションについて述べる。なお,本研究は総務省平成29年度SCOPEとして実施しているものである。

16:15 〜 16:30 休憩 / デモ展示
16:30 〜 17:45 セッション4: 伝承セッション
19:00 〜 20:30 交流会

5月19日 (金)

9:30 〜 11:00 セッション5: PIOT分科会

分科会の紹介 (5 分)

題目: バス安全運転支援システムの研究開発 (予定)
講演者: 秋山 豊和 (京都産業大学)
概要:
近年,バス運転者の高齢化や人手不足による労働環境の悪化による深刻な交通事故の発生が課題となっている.講演者らの研究グループでは,バスの安全運転支援システムの構築を目指しており,総務省SCOPEプロジェクトにおいて路線バスに設置したセンサから車両データならびに生体データを収集・可視化し,分析する機構を構築してきた.本発表では,構築した車両および生体データ分析機構の構成について述べ,これまでに収集したデータの分析結果について報告する.

題目: 情報銀行と情報取引の最新動向 (予定)
講演者: 真野 浩 (EverySense)
概要:
ビッグデータ、IOT の利活用には、情報の流通が不可欠です。現在、内閣府、総務省、経済産業省では、この情報流通のあり方について、制度設計やガイドラインの策定という動きが活発になっています。情報取引市場を推進するエブリセンスの真野が、情報流通に関する関連官庁の動きなどを踏まえて、そのあり方について解説し、広くITRCメンバーと議論を進めます。

題目:スマートIoTアプリケーションにおける仮名IDを用いたプライバシー保護通信技術
講演者:福島 裕介 (情報通信研究機構 (NICT))
概要:
スマートIoTアプリケーションとして、例えば車の自動運転に関してクラウドベースのアプローチによる実現可能性が検証されているが、車椅子の自動運転やナビゲーションはもっと複雑である。歩行者、指定エリア外の駐輪・駐車、その他障害物など、道路状況が時々刻々と変化する。また路面状況のより詳細な情報、例えば傾斜角度、速度に対する振動値などが必要となる。そのような情報入手のためには端末同士の直接通信が有効であるが、一方でグローバルモニタリングが脅威となる。よって社会受容性の観点から「通信の匿名性確保」と「発信者の否認拒否性」が必須となる。本発表では仮名IDを用いたスマートIoTアプリケーションのプライバシー保護通信技術について論じる。
11:00 〜 12:30 昼食 / デモ展示 / ITRC総会
12:30 〜 14:00 セッション6: NWGN 分科会

分科会の紹介 (5 分)

題目: ブロードキャスト ACK を用いた DTN ルーティングのモデル化」
講演者: 川端 奈津子、山崎 康宏、大崎 博之 (関西学院大)
概要:
DTN (Delay/Disruption-Tolerant Networking) ルーティングでは、送信元ノードから宛先ノードに対して、ストア・キャリー・フォワード型の通信によってメッセージを配送する。これまで、さまざまな DTN ルーティングアルゴリズムが提案されている。その中でも、エピデミックルーティングは、メッセージを保有するノードが、接触した他のノードに対して常にメッセージの複製を中継することによって迅速なメッセージ配送を試みる。効率的な DTN ルーティングを実現する手法として、宛先ノードに到着したメッセージの情報をブロードキャストによって拡散する「ブロードキャスト ACK 」が存在する。これまで、モバイル無線センサネットワークを想定した、エピデミックルーティングにおけるブロードキャスト ACK の効果が数学的に解析されている。N 台のノード間における、単一メッセージのエピデミックルーティングをマルコフ連鎖によって表現することにより、複製されたメッセージが最初に宛先ノードに到着するまでの時間 (メッセージ配送遅延) およびメッセージの複製がネットワークから消滅するまでの時間 (メッセージ滞在時間) が導出されている。本発表では、既存の解析手法を拡張することにより、N 台のノード間において複数のメッセージをエピデミックルーティングによって配送した時のメッセージ配送遅延を導出する。

他、未定

14:00 〜 14:30 休憩 / デモ展示
14:30 〜 15:30 セッション7: PC企画セッション
15:30 〜 15:45 休憩 / デモ展示
15:45 〜 16:45 セッション8: PC企画セッション (802.11ai 標準化承認記念セッション)

題目: IEEE802.11aiの標準化への道
講演者: 真野 浩 (コーデンテクノインフォ)
概要:
無線LANの高速認証技術が、2016年末にIEEE802.11aiとして正式に標準化されリリースされました。
この技術は、1999年にITRCの委員らが中心になって考案されたプロトコルとコンセプトから発展したものです。
国際標準化の策定プロセスにおいては、技術論と異なる多くの課題とそれへの対応が求められます。そこで、IEEE802.11aiの提案から標準化までの6年間を振り返りながら、標準化活動への参加意義などを広く共用したいと思います。

題目: IEEE802.11ai技術仕様について
講演者: 森岡 仁志 (SRC Software)
概要:
昨年12月に出版されたIEEE802.11aiはAP発見・認証・上位レイヤセットアップの高速化により無線LANの初期接続を高速化する国際標準である。 本発表では、このIEEE802.11ai(Fast Initial Link Setup)の技術仕様について解説する。

16:45 〜 17:00 クロージング

交流会

2017 年 5月 18 日 (木) の 19:00 より交流会を行います。料金は当日受付にてお支払ください。一般 5,000 円、学生 2,500 円を予定しています。交流会会場は、茗荷谷駅から徒歩 1 分 (研究会会場から5、6分程度) のトラットリア ラ・クローチェです。交流会への参加を希望される方は、必ず参加申込みフォームから参加申込を行ってください。〆切は5/10 (水)です。

問い合わせ先

  • PC: 小谷大祐 (京大), 小林克志 (東大)
  • LA: 津川翔 (筑波大), 樋地正浩 (東北大)
  • メールアドレス: itrc-meet41-worker [at] itrc.net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA